スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

価値観。

2017.03.18.Sat.18:49

けっこう自分が中心となるはずだった某案件が中止になってしまった。

おかげで時間が出来たのでまた更新してみようと思う。


今回は就職することに決めた理由でも書いてみようか。

きっかけというか転機はやっぱり学振に落ちたことかな?

正直、実力不足で大学院へ進学して、知り合いもいないし辺鄙なところへ飛ばされたし。
そんな不安な状況でどこか学振というものを撤退基準として見ていたのだと思う。

結局、残念な結果になり、しばらく悩んだ挙句、就職へと舵を切ることにした。


でも今思えば学振に落ちたことはただのトリガーだったんだと思う。

学部生の頃、ろくすっぽ勉強していない人たちのほうが楽しそうな暮らしをしていて不条理だと思った記憶がある。

今はもうこの時点で、研究者にはなれないタイプだなぁと思う。
同じことを考えたことがある学部生や院生がいたら就職を考えても良いと思う。

あくまで個人的な意見だけれども、
美味しいものを食べるよりも旅行するよりも結婚するよりも全てを捨ててでも物理が好きじゃないとダメなんだと思う。

かつての自分のように楽しそうなクソ文系大学生に羨ましさを感じるのであれば就職したほうが間違いなく幸せになると思う。


※もちろん大学では勉強すべきだ。これは就職するかどうかという話。


残念ながら凡人にとって「研究をすること」によって「研究が出来る」という以外の幸せを与えてくれるほど今のアカデミアに余裕はない。

アカデミアで幸せになれるのは、
・天才
・貴族
・何を犠牲にしても物理を好きと言える凡人、平民
なんだと思う。


自分は、アカデミアでも企業でも面白ことが出来れば良かった。
その対象が物理であるかどうかは重要じゃないらしい。

就活とやらをしてみて思ったより世の中には面白いものが多かった。
やろうと思えば企業でも研究は出来る。

もちろん自由度は減る。
自分のやりたいと思ったことそのままが出来る可能性は低い。


しかし、

自分はその自由度を失ったとしても、稼いだお金で食べたいものを食べ、欲しいものを買い、行きたいところへ行き、好きな人と一緒になるという自由度を優先したのだと思う。
スポンサーサイト

終わりの始まり。

2017.02.21.Tue.16:55

お久しぶりです。

前の更新は9月末なので5ヶ月ぶりだろうか。

気が向いたので久々の更新をしてみようと思う。


まずは届くかわからないけれどかつての読者に向けて近況報告。

とりあえず元気です。

社会人としてバリバリ働くまであと1ヶ月ちょい。
最近は残り少ないモラトリアムを優雅に過ごしている気がする。

とりあえずバイトを始めた。

それで稼いだお金を使って、今までやりたかったことなんかをやったりしている。



さて、今回はこのブログを振り返ってみようと思う。

このブログは学部3回生の時に始めたのかな?
おそらくimaro君のブログを見て自分もやってみようかなという感じで。

最初は毎日更新くらいの勢いで日々の勉強について書いていたみたい。
その日どんな勉強したとかこんなレポートが出てるとか。


学部4回の夏にあった院試から大学院への入学に掛けてはまとめ記事っぽいのが多いなぁ。

多分けっこう?読者がいるかもと意識して誰かの役に立てばと書いていた気がする。


院生になってからはどちらかというと研究"生活"にフィーチャーしていたのかも。
大学院での生活ってこういうものだよって伝えたくて。


自分がブログを始めた頃そういうのが流行ったのか始める人が多かった。

でもここまで生き残れたのはやっぱり何かしら書くのが好きなんだと思う。
(ここで「もう死んでるやん」というツッコミの嵐)


多少のスタイルの変化はあったけどまさしく「奮闘記」であったなぁと思う振り返りでした。



また気が向いたら更新しよう。

シメっぽい記事を書いてこのブログの落とし所を見つけたいと思う。



PS
前回コメントしてくださった方放置してすみませんorz

こんな感じで。

2016.07.06.Wed.13:12


進学するか就職するか。
アカデミアに残るか外に出るか。

突き進むことの出来る人はごく一部で、大半の人は迷うものだと思う。


何かしらの参考になればと思い更新を続けます。


そうだな…
今回は自分がどんな感じで就活を進めていたのかでも書いてみようかな。


就職という選択肢が生まれたのは学振の申請書を書いた後。

理由は色々あるけど端的に言えば自分は向いてないかなって。
(たぶん詳細を綴った記事も過去に書いたかな?)

2ヶ月くらいうじうじして迷ってた気がする…

夏くらいに就職しようって決断して、それも1年遅らせてD1就活をすることに決めた。
この先しばらくの人生が決まるわけだし、しっかり考えたいと思ったから。


実際何かしたっていうのは9月中旬にマッキンゼーの説明会に参加したのが最初だと思う。

友人の「とりあえず1番上を見てきたら?」みたいな言葉に乗せられてw
(よくわからない人は就職偏差値とかでググってみよう!!)


そこから秋、冬のインターンの選考にいくつか参加してみたりした。
結局インターンには参加しなかったけど。

それでもこの経験が後で役に立つことになる…




そして修論。




明けて2月、いわゆる企業研究を始めた。
ここでインターンの選考に参加した経験が役に立った。

そういう経験を1度でもしていると、
・選考とはなんぞや…選考を突破するにあたりどんな武器を身につければよいか
・企業を評価するにあたり、社員と接する際はどういったところに注目すればよいか
なんかがわかったりする。

つまり、
・どんなテストおよび面接対策をすればよいのか
・企業研究として何を調べればよいのか
が手っ取り早くわかるわけである。

簡単に言えば、模試。


そうして3月になり説明会やらなんやらが始まった。
(後はいわゆる就活の日程そのままなので割愛。)



まぁ、こんな感じでした。

また何か思いついたら更新します…
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。