ホットケーキ

2012.09.18.Tue.14:59
「夏休まない」も、もう終わりに近づいています…

なんとも節目の前は新しいことを始める気も起らず。

つらつらとぐだぐだする毎日。


スピンてなんでしょう?

そうです量子力学で出てくるスピンです。

僕は未だ 「スピンとは?」 とう質問に答えることができる自身はありませんし、

「スピンて知ってる?」 の答えは少なくとも「Yes」ではないでしょう。


結局、角運動量を計算していった結果出てくる「半整数」という自由度を満たす

軌道角運動量から類推されうるものか?

はたまた相対論的量子力学やスピノルなんかをやれば自然と演繹されるのか?


今のところ、数学が小難しかったり、量子数だらけだったり、前提条件だらけだったり…

どれが実験事実でどの理論がどの理論の下流にあるのか混乱中です。


おそらく余剰次元も超ひも理論もこんな調子な気がします。

自由度や次元を調整すると上手くいく。

物理なんてこんなものでしょうか?
(数学屋さんはこの辺が嫌いそうですねw)


んー、エネルギーなんかも見えませんがえらく身近に感じます。

しかし、速度や熱なんかが見えるから(ry…


いやはや、、、これだから量子力学は(ry…
スポンサーサイト

アイスコーヒー

2012.09.16.Sun.11:26
お久しぶりですね。

夏休みは、それなりに多忙で更新が滞っていました。


ここ2週間ほど免許をとりに出かけていたわけですが、、

その間は、まず

一般相対性理論 (ちくま学芸文庫)一般相対性理論 (ちくま学芸文庫)
(2005/12)
P.A.M. ディラック

商品詳細を見る


を一読。

前に手っ取り早くGRに触れたくて薄かったので購入したもの。2回目。

つらつらと読み、最後のほうはじれったくなって(わからなくなって)飛ばすorz


そして、つぎに古本屋まで足を運んで買った

量子統計物理学量子統計物理学
(1990/04)
藤田 重次

商品詳細を見る


買ったのは復刊前のです。

読み始めたのですが、求めていたものとは少し違うというのが感想です。

やっぱり、ファインマン統計力学を読もうか…


もしくは、QFTがそれを与えてくれるのではと思い、

David Tong: Quantum Field Theory」を全日を通して読んでいたわけですが…


さっぱりщ(゚Д゚щ)?

まぁでも雰囲気は知れたので、帰ったらワインバーグでも…



そして、今日からTwitter、物理垢のほうにこっそりこのURLを貼って見ることにしました。

仮に、もしも、仮定として、そこから飛んできたみなさんへ


※わたしは何も知りません。