スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

授業に行く理由

2013.04.28.Sun.17:36

どうも。


GWに入りましたね…とくに何も変わりませんがw


今期は『統計力学特論』という授業を受けています。

シラバスには非平衡統計物理的なことが書いてあったので取ってみようかと…
が、しかし実際は統計力学というより、統計ですなw 力学どこいった←

いや、まぁ拡散方程式とかやっていく感じだけど、(平衡)統計力学の授業ほど“物理ぶつり”してない。
そりゃ、統計物理というのは、ある種の手段を学ぶ学問でして…云々。



あんまり、興味が湧かないなーと思っていたわけですが、、、

授業がおもしろい!!


やってる分野(内容)はともかく、授業スタイル(というか先生?)が好きかも知れない。


前回の授業で、

「なぜ平均を計算するのか?なぜ最大値や最小値、中央値でないのか?」

ということが議題に挙がった。


先生、曰く学校というのは平均を出す算法だけ教えておいて目的を教えない。
この教育のスタイルは…

それは、ともかく「ほぉ」とか思いながら顔をあげたわけでした。



本屋で立ち読みしたけど『平均』というものはあんまり信用できるものでもないらしい。


これを期に(下回生のときやり損なった)確率統計を勉強してもいいかと思った。
スポンサーサイト

頭とこれからの予定の整理

2013.04.25.Thu.18:39

どうも。


今日は、バイトお休みのはずでしたが、昨日出勤にかわり先ほどそれがキャンセルになった。
どっちやねん…



あれもやりたい、これもやりたい症候群になりつつあるので、それをまとめてみようと思う。
頭の整理ってやつですよ!!

これからの予定も含めて見直す!!


物理について…

現在、『院試を解いてみる』に半分、『Peskin予習』に3分の1ほど時間を割かれている感じ。

すこし触れたい部分は『摂動論』と『散乱理論』。
場の量子論で摂動と散乱をやるに際して、それまでのQMでの摂動論と散乱理論が基礎となるなら必須。

どうなんだろう?
量子力学(2)でもやったらいいのだろうか?
少し理論面が不足しそうだけど…

それに加えて、まずは統計力学の基礎。
あとは解析力学の基礎の確認と、発展的なところも進めてみたい所存。

電磁気は…


やっぱり、重箱の隅をつつくわけではないけれどPeskinゼミで細部まで追ってると他の分野はどうなんだ?
って気になりだすわけだよね。



数学。

数学は、やりたいことが多すぎるなー。


まぁ、つまりはわかってなさすぎるのだけどorz

現在、リー群と表現論にかなりの割合を割いている。


微積、線形はいいとして(これも詰める必要があるんだけどorz)、まずは複素関数論かな。
あとはPeskinゼミでふつふつと感じるんだけど特殊関数?みたいのも。

今のところ、すべてをおさらいするのは無理なので、拾い読みをしていこうかと思う。




長くなってきたのでとりあえずここまで。

粒子と反粒子と反省

2013.04.23.Tue.00:52

どうも。


いやぁ~、終わりましたよ発表!!
ゼミの発表っすよ、発表!!

P1ペスキンゼミ。


ドギマギしながらゼミ開始。

最初のπの時間微分を導出する過程の計算がわからない、と問題提起。

なんか川合さんに積分核やら2次形式でボコられる…
わからないやら人前やらでてんぱる…
なんとか、計算を終える。

この辺でようやくゼミの形式的なものを掴む。

複素KG場の解釈について質問するも、あまり伝わらなかった様子。
(あとでMygw君が教えてくれたけど)

教室移動後、計算について教えていただく。

ほぼHttr君が前で計算してくれる。
ワタシ、ウシロタッテタ…


ということで、なんとかライフがゼロよ状態になるのは阻止できた!!


その後残り1コマ分くらいはHnd君が3章発表した。

議題は、たしか『noncompact ⇔ 忠実な有限次元ユニタリー表現はない』だったかな?


そこから表現論講座みたいのが始まったw

ローレンツ群と回転群を例にいろいろ議論を展開して(聞き手だったので)非常におもしろかった←




感想。


今までの『読んで理解する力』から『使いこなせる力』までレベルアップする必要があると思う。
物理屋なんだから何か関数があってもinputからoutputを導かねばならないわけであって…

あとは、最低限の知識;定義や公式なんかを覚えないとと痛感したゼミでしたorz

理学部三組、略して理三!!!

2013.04.22.Mon.00:26

どうも。


週末は、久々に(大学の)クラスで集まりましたw
夕飯時からちらほら集まり、最終的には十数人だったかと…

やっぱり4回生にもなると、他分野(物理以外)の人とはめったに会わなくなる。
それぞれの近況やらを聞けてよかっ(ry…


まぁ、ほとんど下ネタでしたけど。

でも、まぁまとも(?)な恋愛トークとかもしたんだけどな~。



そんなこんなで、今日はこんな時間まで明日のゼミのレジュメを作っておりますorz

結局、式変形;近似式まで持っていく奴は分からず…
とりあえず物理の話の流れをまとめてみたw

それでもなんだかな~、という出来。
物理の解釈みたいなところでも解らないことがあるし。


まぁ、そのためのゼミでしょ!!←開き直り


明日はいさぎよく皆にぼこられてこようと思いました。

院試始めました。

2013.04.18.Thu.23:13

どうも。

いやはや…今まで以上に脳みそを酷使してヘロヘロしておりますorz



本格的に院試問題を解き始めた。

先週、Sh-mが院試問題の答えをすり合わせないか?と誘ってくれたのでw
水曜日に第一回を附図でやってきた。

とりあえずⅠとⅡということで解いたけど、難易度的にはちょうどいいかな、くらい。
解けそうで解けない…なんとか解けるかも?くらいww


各方面で(笑)院試ゼミが勃発してるみたいだけど、こじんまり気が知れた仲でいいかもしれない←
多少は妥協しやすかったりもするけど…自由が利くのがなにより!!

ただ、二人だと答えが合わないとフィフティーフィフティーで困るw


そして、次回の理論ゼミの発表担当なのでPeskin読んでるんだけど…




壊滅的に式変形が追えない…orz
ひぃぃいいぃ、理論でボコられるよぉ~

結局、数学方面でハウスドルフやMyj君に聞いたけど解らずorz


式変形に拘らず物理の部分を詰めようと思います←

あー、発表までにまとめられるかが不安である。

待ちに待ってないけどP1ゼミ

2013.04.15.Mon.23:44

どうも。


今日は、ついについに課題研究の理論ゼミでした。

感想としては、、予想していたほどよりは平和だったかなっとw


初回ということでY君が発表してくれました。

前半は、Y君のペース。Peskinも読んだことあるようで、全体を意識した発表。
Klein-Goldon場の内容を自分なりに再構成しての発表を志してくれた模様←

後半は、んー、川合しゃん(もしくはH君)のペースだったかな、と。
脳みそが疲れてきたのと、計算チェックが多かったのでたまにボーっとしてしまったorz


そして、終わらなかったのでPeskin2章の後半、自分に回ってきたぞおい…汗焦汗焦

Causalityの部分とか複素積分のところとかしっかり詰めておかないとな~焦
準備期間に比べてページ数が少ないのがせめてもの救い…汗




さきほど、院試を1問解いた。

統計力学。

極座標にさんざん苦しめられた…そして、まだ途中orz

Peskin始動

2013.04.14.Sun.01:39

どうも。

先週、金曜は課題研究(卒業研究)の顔合わせでした、やっと…笑

メンバーは、7人(だよね汗)。
ちなみに理論ゼミは、imaro君も来るみたい!!


ということで、あくせくpeskinを読みだしております…

An Introduction To Quantum Field Theory (Frontiers in Physics)An Introduction To Quantum Field Theory (Frontiers in Physics)
(1995/08)
Michael E. Peskin、Daniel V. Schroeder 他

商品詳細を見る


月曜までにChap2まで読まないと…



そして、いよいよ院試を解くことに…

sh-mが声を掛けてくれたので二人でこじんまりと徒然なるままにやる予定。

京大の問題は3部構成。
23年度の「Ⅰ」を解いてみたんだけど…


デラ・マッヂ・ムッヅィ!!(◎Д◎)!!!

物理は、ほどほどに数学的な操作;計算がずたぼろorz
行列計算をミスったり、微分方程式が解けなかったり、単純なことを…

こりゃいかんorz
受験時代から完全にこっち系の脳みそは凍りついてるw

ただ、問題を解くのは楽しいw



いっきにやることが増えた金曜日だった。

頑張らねば…

リー群と表現論

2013.04.10.Wed.16:13

どうも。


ついに授業が始まりましたね…

ただ、さすがに4回生ともなれば、履修する授業は少なめ。
しかも何の因果か、ほぼ(もしかしたら全ての)授業が午前中にあるという…

日中は、休日と変わらず、、そのくせバイトを減らしたもんだからぐーたらしてしまう感orz




リー群と表現論リー群と表現論
(2005/04/06)
小林 俊行、大島 利雄 他

商品詳細を見る


これ、読み始めた。


いろいろあってリー群的なものをやりたかったのだけど、ジョージャイ読んでもさっぱり。
そもそも、表現とか規約とかなんのこっちゃ…

薄い本(笑)なんかも借りてきたんだけど、どうせ読むならと思い借りてきた。


くっそ分厚い本だけど、読み始めたらおもしろいのなんのって(まだ2章しか読んでないけど…)

つらつら読んでいこうと思う。



九後ゲージの方はついにゲージ論?のとこに入ったけどいまいちさっぱり。
ゴーストとか意味解らんものでてくるし、そもそもゲージってなんだよって言う←

それよか2巻のくりこみのとこを先に読んでおきたいけど、読めるものだろうか?


この本を読んでて「散乱理論」、「摂動論」、「経路積分」の知識が足りないように思う。
この3つてどの本読めばいんだよ…



まぁ、先進的な勉強はこんな感じ。

あー、ホントは院試とか復習のほうに重点を移していきたいんだけど、、
おもしろいのなんのって…



今日は寝坊したので休日orz

Vincent van Gogh

2013.04.07.Sun.11:36
どうも。

ゴッホ

行ってきました。
ゴッホ展-空白のパリを追う-



お昼を食べて出発、バスで東山二条下車。
みやこメッセの前をてくてく…無事、京都市美術館に到着。

大学生は、¥1000でした!!


内容は、2部構成のような感じ。

前半は、ゴッホの作品の遷移について。

ゴッホの絵と聞いて思い浮かべる鮮やかな色を厚塗りでうねうねと描く手法。
それにたどり着く以前にゴッホが試行錯誤した遷移を紹介していました。

今まで、天才臭がしていたゴッホですが、かなり印象がかわった。


後半は、絵画研究を(ゴッホの絵を例にして)紹介していました。



個人的には、前半がおもしろかったかな。
(後半は、ちょっとつかれちゃったのかもしれないw)

同館でリヒテンシュタイン展もやっていたみたいです。



久々に芸術に触れることができてよかった。
まぁ、すこし人が多すぎて、もうちょい静かに見たかったのが残念。


また、機会があれば美術館行きたいなー。

ゲージ場ってなんすかね?

2013.04.05.Fri.17:52

どうも。

今日は、ものすっごく暖かい…けど、明日から雨だそうなorz


だんだんと勉強のペースが戻ってきました!!

最近は、

量子力学(2)をつらつら
半分くらい解っていないけどゲージ場の量子論〈1〉をつらつら
そしてどうしても物理学におけるリー代数がわからないのでついにリー群と表現論を借りてきたw
あとは物理のための応用数学にも手を付け始めた


まぁ、いいのだけど復習関係に回している時間が少ないと思う。

どうしたって先進的な勉強のほうがおもしろいからそっちばかりやっちゃうけど、、
すこし自制して、院試方面も進めないとなぁー



また、計画を見直す必要がありそうだけど…

それはまた授業のペースを見てかな。

あめざくら

2013.04.02.Tue.18:07

どうも。


帰京してから、久々にバイトが休みなのでゆっくりしています。
というか、超絶のんびりしまくっています。



京都にも中古CDショップがあるとのことで足を延ばしてみたものの…
不発orz

いまいちいいお店が見当たらず…
DiskUnion関西進出してくれ~w




さて。

お勉強の方はなかなかエンジンがかからず。




いきなりですが、人生を竹に見立てた話を聞いたことがあります。

竹と掛けまして人生と解きます…その心は!?
節目ふしめからしか新しい枝は生えません。

つまりは、なにか学年だったり在籍だったり環境が変わるときこそ新しいことを始めるチャンス!!

ということなんでしょうが、僕はそれが裏目にww



新しい環境になりそうな直前というのは、ものごとが中途半端でむずむずする。

まぁ、そんな時には例のあの言葉ですね。




いつやるの?


!!いまでしょ(◎Д◎)/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。