スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

院試反省会 †その他†

2013.09.29.Sun.12:24

さて、これで反省会はラストにするつもりです。


■面接

まず説明の前に東大の方は内容を漏らすなと言われているので立場を明らかにしておこう。

以下、書いていくことは、

・受験前に既に公開されていた情報と一般常識
・および、それから導くことのできる事柄
・内容に関係しない主観的な感想

をただ解り易くまとめたことである、という立場をとる。



さて、
といっても京大は面接を受ける権利さえもらえなかったので、京大については実体験には基づかないorz
あくまで周りから聞こえてきた声によるものである。

京大は、話題を自ら提供するわけだがボコボコにされるらしい。

面接が終わった後、某SさんはTwitterで、
学生がおたおたするのを見て楽しむには面接の時間が少なすぎる
と仰っていた…gkbr


教訓?としては、面接がボロボロだったとしても落ち込むな!?

※あくまで実体験に基づかない勝手な判断。
※まぁ面接がラストなので落ち込んでもかまわない。



さて、東大のほうはというと…
(ここからは気を付けて話さねば)

与えられた時間相応かつ面接で答えられる範囲内の内容に関する面接になるわけだが…
(おそらく京大に比べて)温和だったのだろうw

とにかく冷静に対処すれば筆記を通過した人であれば大丈夫。


よし、内容が無いように書けた!!

※あくまで前述した3点に該当しないことは書いておらず内容は漏らしていない。



個人的には、Peskinゼミで鍛えられていた?ため(受け答えに支障がでるほどの)緊張はしなかった。
面接で重要なのはいかに冷静でいるかに尽きると思う。



そして…

友人等の話しや結果を知るにつれ、面接は“Check”程度に思えてきた。

(京大の発表内容に関しては多少の準備は必要だが)
面接を危惧するよりは、筆記の勉強に励むことをお勧めする。



■おわりに…

長々と“個人的感想”を書いてきたわけだが…

やはり勉強したぶんだけ、対策をしたぶんだけの結果が返ってくるだけである。

いくら情報を知ってるからといって、差がつくのは学力で、である。



これから院試を受けるみなさん、頑張って勉強に励んでください。
スポンサーサイト

院試反省会 †物性&数学編†

2013.09.27.Fri.15:15

さて、教科編のラストになると思われる記事。


(解析)力学、電磁気学、量子力学、統計力学が学部の物理の4本柱と聞いたことがある。

その通りで院試の問題もだいたいこの4つに分類される気がする。
その他にも出題される物理はあるのか…



■物性

まぁこれは列記した4つの複合分野?といったところだけども。

物性物理学は、問題の「題材」として知っておいて損は無いと思う。

やはり、その場で導出してから物理的意味を考えるのと、現象を知っていてからその性質を計算で導くのでは、スピードも精神の安定も大きく違ってくる。
※すなわち、こうあるべきだ!!と問題を進めていけるようになる。


有名な教科書は、

固体物理学 改訂新版 (SPRINGER UNIVERSITY TEXTBOOKS)
キッテル 固体物理学入門 第8版〈上〉
と、その二巻;キッテル 固体物理学入門 第8版〈下〉

自分は、イバッハ、リュートのほうを所持しているが、いまいちわからないイメージ。


そこで、たまに良い評判を聞く

基礎の固体物理学基礎の固体物理学
(2007/04)
斯波 弘行

商品詳細を見る

を一読した。


んー、あんまり院試情報ではなくなってきたorz



■数学

さて、東大では必ず微積と線型が、京大でも物理数学として出題されるわけだが…

数学については教科書等はあげず、それぞれの出題分野について軽く触れる程度にする。

※これもあくまで個人的感想であり、参考程度にとどめるべきことがらであることに注意!!


●線形代数

東大の1問は必ずこれだが、わりかし物理的バックを持つ行列の問題が良く出る。
※パウリ行列or生成消滅演算等

京大ではそこまで見かけない。


●複素関数論

すなわち、留数定理といっても過言ではないほど留数定理が出る。
むしろ留数定理しか(ry…


●微分方程式

初等的なもの以外には、波動方程式と拡散方程式が頻出。

京大の物理数学はこれを好む気がする…


●フーリエ変換

これ自体が題材というよりも、フーリエ変換を多用した問題は京大の大好物な気がする…

簡単なグリーン関数の方法もこれに近い。
※道具として見かける。


だいたいこんなものだろうか←

京大では、上記を組み合わせたような誘導コテコテの問題も見かける。
そして、多くの場合その物理的意味を見出すと見通しがよくなることが多い。

特殊関数も物性と同様に、事実としてその性質を知っておくと問題を解く際に有利に働く。
※もちろんその場での導出も可能である…




※なお、実解析とδ関数はあたりまえの存在とした。





さて、つらつらと教科別に書いてきたわけだが、、、教訓として。

思った以上に全部出る!!



とかテキトーなこと言ったりして、おわり←

院試反省会 †量子力学&熱・統計力学編†

2013.09.25.Wed.12:07

昨日、brog読んでます!!とか言われたので、あれ、更新する気力が…フツフツ…あれw

さて。

教科別、続きです…


■量子力学

(箱形なんてできて当たり前という前提で)
・調和振動子
・δ型ポテンシャル
は頻出なので押さえておきましょう!!←w

調和振動子は、東大ならともかく問題数が多い京大は、ほぼ毎年出ている気がする…
※KU&他大併願者については「必ずどっかで出会います」。



さて、教科書ですが、

量子力学1 (KS物理専門書)量子力学1 (KS物理専門書)
(1994/02/18)
猪木 慶治、川合 光 他

商品詳細を見る

と、その二巻;量子力学(2) (KS物理専門書)

一択じゃないかと…
※とくに京大受験者。

周知の事実だとは思いますがイギですよ…
※この前、イノキとか言ってるやつに出会った…


この2冊を完璧に仕上げれば問題ないと思う。
電磁気の砂川本同様、丸暗記してもいいレベル。

ただ、2巻は第二量子化等いろいろ書いてあるので、出るとこ出ないとこを確認するのは必須。

※量子力学を一度学んでからの演習書として最適な本としての紹介。


他の教科書としてシッフの

量子力学 (上) (物理学叢書 (2))
量子力学 (下) (物理学叢書 (9))

も有名だけど、評価は知りません←
ただ、問題はたくさん載ってる…




■熱・統計力学

教科書(演習書)を紹介するならば、

統計力学〈1〉 (新物理学シリーズ)統計力学〈1〉 (新物理学シリーズ)
(2008/12)
田崎 晴明

商品詳細を見る

と、その二巻;統計力学〈2〉 (新物理学シリーズ)


からの、

大学演習 熱学・統計力学大学演習 熱学・統計力学
(1998/09)
久保 亮五

商品詳細を見る


という王道コースが存在する。

田崎さんのは整然と(解り易く)書かれてるけど、話題性に欠ける(気がする)。
それを久保本で手を動かして埋め合わせようというコース。

田崎本の内容は、これまた丸暗記するレベルだw

たとえば、
・状態密度の導出
・各量子統計分布の導出
・イジングモデル
・低温展開&BECの議論 etc…

↑どれも頻出かと…


久保本は、最後までやり通した人はいないんじゃないかと聞くので演習には困らないはず。




さて、熱力学は、再び田崎さんの

熱力学―現代的な視点から (新物理学シリーズ)熱力学―現代的な視点から (新物理学シリーズ)
(2000/04)
田崎 晴明

商品詳細を見る


で、自分は勉強しました、と言うだけに留めておく。
※そこまで勉強してないorz


純粋な熱力学、および統計力学と絡めた熱力学はたまに出る。
勉強しておくと選択問題で「逃げ道」として使えたりする←

※熱力学の教科書は有名な本がいくつかあるので、それで勉強してから久保本に進めば良い。



次回へ続く…

院試反省会 †解析力学&電磁気学編†

2013.09.22.Sun.12:01
さて、続いて教科別に見ていこうと思う。

■解析力学

解析力学とは言え、Lagrangianを求めてからは高校物理のような問題が多かった。

つまり(出ないと保証はできないが)ハミルトン形式とかハミルトンヤコビとか理論的なことは出ない。


自分が主に使用した本。

解析力学1 (朝倉物理学大系)解析力学1 (朝倉物理学大系)
(1998/09/01)
山本 義隆、中村 孔一 他

商品詳細を見る

と、その第二巻;解析力学2 (朝倉物理学大系)

この本は、教科書の読みなおしの際に使用したもの。
これを読んで解析力学の面白さを知った…良い本!!


●反省

いわゆるKinematicsが解けない…orz

高校物理じゃないんだから…と言いたくなるが、前述した本はMechanicsの本だ。

ややこしい条件の処理の仕方や問題の解き方、現象等を勉強していなかったのは痛手だったorz
そしてLagrangianを求めてからはだいたいそんな問題に帰着される…


これは、勝手な予想ではあるが、

古典力学〈上〉 (物理学叢書)古典力学〈上〉 (物理学叢書)
(2006/07)
ゴールドスタイン、サーフコ 他

商品詳細を見る

と、その第二巻;古典力学 下 (物理学叢書 105)

でもやれば良いのだろうか…
※とくに問題。



■電磁気学
※エレクトロニクス除く。

主に、静○場系、電磁波系、散乱系の問題に分かれる…かな?←


自分が使用した本は、

電磁気学の基礎 I電磁気学の基礎 I
(2007/10/19)
太田 浩一

商品詳細を見る

と、その第二巻;電磁気学の基礎 II

だが、正直、本の選択をミスった気もする…。

これも教科書の読みなおしの際に使った本。


しかし、もし読んだことが無いのならば

理論電磁気学理論電磁気学
(1999/09)
砂川 重信

商品詳細を見る

を暗記するまで読むことを強く勧める。

※まだ半分ほどしか精読していないが頻出問題は全てカバーしている気がする。


砂川本を読了して、なお余裕があれば太田本、という順序でやるべきだった←反省


電磁気学の教科書としてClassical Electrodynamics(またはその邦訳)も有名だが、こちらは知らない。
※これの問題をやるのも良いと聞いたことがある。


付け足しだが、簡単なベクトル解析の公式や電磁気独特?の式変形は覚えておくべき。


最後に…
エレクトロニクスについては書かないが…

『同軸ケーブルだけはやっておけ!!!』


後半へつづく…

院試反省会 †全体編†

2013.09.18.Wed.23:52
さて、ずっと書きたかった記事を書いてみようと思う。

体験記みたいなものw

院試は、情報が少ない…
誰かがこれを読んで“参考”にしてくれたら嬉しい。

※あくまで“参考”程度にすべき。
※この過程を経てこの結果であることにも注意すべきである←


■志望先・結果

まずはこれを晒さないと始まらないだろう…

【東京大学(本郷/柏)】
素粒子理論 筆記○ 面接×
原子核理論 筆記○ 面接○

【京都大学】
素粒子理論 筆記×
原子核理論 筆記×
第三志望以下 筆記×

厳しい戦いだった…orz


●志望先について一つ。

一つくらい実験系を書いておくことを勧める。

※とくに京大単願勢。
※志望先に強いこだわりがある人は別だが…

志望先を理論で固めてしまうと、ほぼ第一志望先のみでの戦いとなる(気がする)。
そして、それに敗れると自分のように爆死するわけである…

※なお実験系を志望していたからといって拾ってくれるかは不明。


たしかに、やりたい分野や行きたい研究室を志望するというのはある。
が、現実問題としてNEET回避、プレッシャー回避としての“勧め”である。

※なお自分の学力に自身があればこんな“保険”はいらない。
※ひぃひぃ言いながら生きている物理学徒への勧めである…



■試験対策

自分は大学生活前半を遊び呆けていたために「ヤバい」という自覚はあったww

そのため1年前から院試を意識して勉強を始めた気がする(3回後期)。


※各教科については後々、別の記事に詳しく反省しようと思う。


●院試1年前;

とりあえず教科書を読みなおすところから始めた。
(線型、微積、解析力学、電磁気、量子力学、統計力学、etc)

これまでにしっかり勉強している人にとっては要らない過程だと思う。

●院試半年前;

4月頃、友人から誘われて「院試答え合わせ会」を始めた。

・ゼミでなくホントに答え合わせ会だった
・週一で、京大は1年分3週、東大は1年分2週ほどのペース

過去問を解き、抜けている知識を埋めるという作業をした。





これを受けての反省。

『思った以上に「これ過去問で見たことある!!」現象が無かった!!』

※すなわちs研ゼミ現象が無い!?


●過去問は傾向を掴む程度にこなせばいい?

例外的に頻出問題(別記事後述)はあるにしろ、過去問で勉強すると“漏れ”が多い気がする。

※全ての過去問を解くほどやれば話はべつかも。


したがって、反省として、
過去問に重点を置くよりは教科書の問題等で知識を網羅したほうが良い…気がする←

例えば教科書の章末問題や演習書とか…


少なくとも過去問を解くメリットは傾向や雰囲気を掴む程度にしか感じられなかった。

※実際に受けてみての個人的な感想。




とりあえず全体的な反省はこんな感じだろうか。

また、何か付け足すかもしれない。
とりあえず公開してみる。

そのうち教科ごとのも…




最後に、あくまで個人的な感想です!!!お忘れなく!!!

ひとまず合格発表

2013.09.18.Wed.14:26

ふぅ。



終わった。





とりあえず、

合格をいただくことが出来ました。


来年から東大の核理にお世話になることになりそうです。





大学受験の時も蓋を開けてみれば、合格最低点ww

今回、受かったトコも願書で一番最後に書いた研究室な気がする←


第二外国語もゲタ込みで60点で可だったりするし。

どうやらギリギリセーフが好きみたい…いいのかこれ?



まぁいずれにしろ来年度の居場所をもらえたのだ!!

よかった、よかった。



とりあえず「前へ進んでも良い」と言ってもらえた。

院試でフルボッコにされたからには復習は欠かせない、が、先へも進まないと。


素論ではなく核理なので少し進路の調整は必要かもしれないが…

あとは、半年突き進むだけだ!!!




伝わるかはわからないけど、応援してくれていた人ありがとうです。

情緒不安定

2013.09.17.Tue.19:44
本日は、ついに後期ゼミが始動。

中原トポゼミ第一回目だった!!

和気あいあいと、でもしっかり進んでく感じで楽しかった。

(小学生みたいな感想だな…)



やっぱりゼミがあると午前中を(睡眠で)潰さなくていいなっ♪なんて思って気を抜くと、、

お昼寝で午後をぶっ潰すという…orz






ついに明日、結果が出ます。

とくに気にしているつもりは無いんだけど、やっぱり無意識にそわそわしている気がする。


それはそうか。

人生が決まるんだ…今の自分が冷静すぎるのかもしれない。





明日になれば、とりあえず感情を吐き出せるかもしれない。

喜びか、悲しみか、いずれにしろ。


いくら自分でも感情を押し込めすぎた感はある。


そして、少し人に“触れすぎた”気もする。


人の感情は薬にも毒にもなる。

少々、薬に溺れ、いよいよ毒になりかねない。




最近は、自分でも掌握できないよくわからないものをここにぶちまけてる感あるな…

どうにかしたいけど。

忙しくなりそう。

2013.09.15.Sun.12:49
無事、京都に帰ってきたので、これからの勉強メモ。


まず、ゼミの予習は欠かせない。

An Introduction To Quantum Field Theory
Quantum Theory of Many-Particle Systems
Introduction to Superconductivity
理論物理学のための幾何学とトポロジー


あとは、院試勉強も基礎固めという意味で続けていきたい。
このままだと、これから確実にフルボッコにされ続けてしまう…

■解析力学←悩み中。kinematicsに強くなりたいけど数理的なことも復習したい。
■量子力学;Lectures on Quantum Mechanics
■電磁気学;理論電磁気学
■統計力学←いい本ないだろうか?大学演習をコツコツやるべき?


あとは先進的なお勉強。

数学。

■表現論;リー群と表現論
■リーマン幾何(相対論);復刊リーマン幾何学入門でも読もうと思ってたけど相対論ゼミするなら先延ばしにするかも…

徐々にヒモにも触れていきたいんだよなー。

String Theory


やることがたくさん!?

形而上…そんな言葉があった気がする。

2013.09.14.Sat.10:53
結局、夜行バス満席でチケットとれずorz

三連休ということもあって見事に満席だった…
いっこくらい空いてるかと思ったんだけど←


院試が終わり、1週間ほど実家にいたけど久々に「遊びまくった」気がする。

家族、友人、恩師、元気をもらえる人。


ただなー。
何回も聞かれたわけだけど、進路をはっきり言えないのが申し訳なかったorz



そして…

唇と唇が触れ合うことはキスの必要条件でしかないことを知った3日後。

生きねばならないことを命令されてしまった気がする。


汚れてしまっていいと思っていたのに。

事実、そのためにすでに手を黒く染めつつあったのに。



そんな気分。

中学受験も大学受験も院試も、、、わりかし単純な理由だった。


今回も。

でも、どうでもよくなくなってしまった。



たとえそれが好意の印でなく、この一連の礼、ただ借りを返されただけだとしても。





見られているけど見られていない気がする。

話したいけど自分の中にしまっておきたい気もする。


そんなことを書こうと思った日には必ず抽象化を重ねてよくわからない文章になる。

それが心地よいのは事実なのだけれど。

後期のゼミ

2013.09.09.Mon.21:25
院試が終わって数日。

だらだらと自由気ままな生活を送っている。


自分の中で、
「院試で合格を頂く」⇔「とりあえず先へ進んでよい」という考えがある。

だから、いまいち飛び上がって喜んで、ひも理論なんかに手を伸ばす気になれないorz

ホントは院試の復習というか基礎固めをしっかりやりたいんだけど…。
いかんせん実家なので教科書が無い。


京都に帰れば即ゼミなので、ゼミの予習を始めてみることにした。

※なぜかAmazon商品のblog挿入が行えないorz


まず、

『Quantum Theory of Many-Particle Systems (Fetter & Walecka)』

物性におけるQFTの本?

Chap1は半分くらい、Chap2は飛ばして、Chap3の途中まで読んだ。
最初はQFTの導入でPeskinの復習になってるはずだけどわからないところがちらほら…まずい。


そして、

『Introduction to Superconductivity (Tinkham)』

最初だけちょろっと読んだけど、うーんて感じ。

物性の本は、そんなに経験がないからいまいち読み方がわからない。
(知識の量とかもあるのかも)



あとは、中原トポもゼミに参加するんだけど、なんせ最初のほうは読むのが3回目とかだから…
予習する気が起らないぞ~(あははは



そして未定だけど相対論ゼミの話もあがってたりする。
やるんだろうか?



4回後期にしていきなりゼミ充になったけど…大丈夫だろうか。

これじゃ「引きこもり系物理学徒」じゃなくなっちゃうな。

院試速報 †東大面接†

2013.09.06.Fri.19:22
ついに…、ついに…、、今日の東大面接をもって、、、

院試の全日程が終了しました!!!


あぁ、長かった…そして、ちかりたorz

果たしてNEETは回避できたのだろうか?


東大様が1時間前集合とおっしゃられたので眠い目を擦りながらラッシュに揉まれた朝。

第二志望の面接からだったけど、、正直デキはビミョーかなorz

それに比べ、第一志望のほうは結構できたと思う。
数回、言葉に詰まったりしたけど助け船をもらえばすらすら話せたし。


なにか第二志望を「踏み台」にしてしまった感はある←失礼


うーん、面接だけ見れば及第点という自信はあるが…はたして…


時間は15分だし、“簡単な”面接だったし。
ズタボロと思われる筆記を挽回はしてくれてないと思うが。


まあ、とにもかくにも院試はひと段落したのだ。
※「終わった」を使わない点に注目!!


合格発表までは、すこしばかり休息したいものである。

院試速報 †京大筆記†

2013.09.05.Thu.00:20
京大の発表でした…。


結果は、、残念orz

番号はありませんでした。


志望先は理論のみだったので、実質、第一志望がダメなら京大はダメって感じだったと思う。
そして見事に、ダメでした←

東大の件で多少舞い上がって、イケるかな?なんて思ったりもしてたんだけど。

現実はそう甘くはないようで…。


Twitter等で知る限り、知り合いはみんなどこかしら引っかかっている様子。
どうか明日の口頭試問、頑張って欲しいものです。



ということで、東大の素論、原子核に本気で挑まなければ…。

「NEET」の文字が頭をよぎる…はぁ、つれぇ←



試験の解きなおしをしておくべきかもしれない。



これからしばらく院試の反省でも書きつづっていこうと思う。

†京大筆記†と吉報

2013.09.02.Mon.22:22
無事、京大筆記試験の1日目が終わりました…。

正確に言うと「無事」では無いんですがorz
事故りまくり…。


ただ、終わった後のみんなの話や様子を見ている限り、同じような雰囲気。

東大でもフルボッコにされたので、院試自体こんなものなのかとさへ思えてくる始末w


ただ、さすがはこの問題数。
1問だけ「できたかな」と思える大問もあった←

それにホーム感を感じる試験でもあったww

先入観もあるんだろうけど、東大と京大の雰囲気がもろに出ていた気がする。
それが味わえたのはなかなかおもしろかった。



そして、2つ目の大事なこと。

なんとか東大の口頭試問に進む権利をいただきました…感謝。


うーん、感触としてはズタボロで素核志望じゃ厳しいかと思ってたんだけど…。

でも拾ってもらったからには、面接の準備をすこししっかりした方が良い気もしてきた。




前回の記事で嘘言ったけど、明日も物理ありますw

とりあえず明日、終えれば気分がらくになるかな…。

戦い前夜

2013.09.01.Sun.21:28
ついに明日は、院試の最後の山場?
京大筆記です…


東大が終わってからはホントに情けない生活を送っていた。

さっさと切り替えればいいものを…
ただ、切り替えられないこともある、人間だもの←



1年前くらいから院試を意識して色々してきたけど、結果につながるのだろうか。

繋がらなかったらそれはそれでそれだけのことだ。


正直、実力的にはまだまだだと思う。
まじめに勉強し出したのは3回生くらいだし←


それになんせ、素論なんか志望しちゃってる。





まぁ、今ここでうじうじぐじぐじしていてもしょうがない。

テストは明日だし、実力が出せればそれでいい。


反省は結果が出てからすることとしよう。




明日が終われば、後は“ながし”みたいなものだ。

明後日は、英語。
あと面接。


院試が終われば、結果はどうであれ、少しばかり休息がとれるだろう。



明日は、それを糧に頑張ろう。

一番怖いのは…寝坊w
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。