スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

熟成されたっぽい白色。

2014.02.25.Tue.15:42
帰省していたということでここに来るのは久々になった…


先に断っておくけど、今日は物理のことは書かないよw←




一つの大きなイベントが終わってしまって。

それは、始まるまでは理想郷だと思ってたんだ。


でも、やっぱり近くなると相互作用が大きくなって。

感情の振れ幅が大きくなっただけだった気がする。



「だけ」というのは言いすぎだけども。



でも、8年前?と比べたら僕も「成長」して、健闘してると思うんだ。


なにくそ精神は好きな方だと思う。

明るいネガティブは心地よいんだ。



数日前に某氏に初めてお会いして、いろいろとダメにしちゃって、後悔している。

けど、その時の「将来はわからないんだよ」って言葉が頭の中にぷかぷかですよ。


たしかに、こんな過渡期にいろいろと考えたって仕方無いという。

今は、そういう結論。

4月からの関係は4月になってみないとわからないし。




とりあえず、



まぁ、





自分にやれることをやろうというやる気に満ち溢れている、、のかな。

(やりたくなくてもやらなければならないことが山積しているのも事実)



ふぅ、すっきりしたかな。

こういう自己満日記は、つまらないけどかなり大切な位置にあると思ってる。


眠いけど、ぼちぼち始めます。
スポンサーサイト

はんばーぐ。

2014.02.14.Fri.01:12

どうも。


ついに、ついに…
Weinberg始めました!!!


ついに待ちわびた用事が土曜日に迫り、、
きりを付けるために勉強のほうは身動きが取れず…

けっこう迷いに迷ったんだけど、始めることにしてみた。
(なにか演習をしてもいいと思ったりもしたんだけど)



結局、Peskinで行き詰ったQFTの定性的な部分…僕はこう呼んでるけど。
つまりは、くりこみ、BRST、WT恒等式、etcを理解していきたい!!

理解を求めて九後ゲージを手に取ってみたりしたけど自分には難しかったorz


ということで、The Quantum Theory of Fields by Weinbergに挑戦である。


そういうモチベーションとしては気になる部分から読んでもよかったけど、個人的にそういう読み方は苦手だし、何より色々怪しいし復習もこめて最初からまじめに読んでみることにした。


だがしかし、、本題のQFTには、まだまだ到達できず…
現在、準備部分の群論(表現論)やら相対論的QM、ScatteringTheoryの部分を読んでいる。

それでもなかなか面白い!!!
ということで、ここ数日はWeinbergに費やしている…



読み始めた当初は、土曜日までにQFTの前部分まで読むのが目標だったけどちょっと辛いかな…

おもしろいので、帰省のお伴はWeinbergになりそうである。
(復習もしないとなぁ←)

表現論とGR

2014.02.09.Sun.01:22

どうも、久しぶりである。


ゼミも終わりつつあり、時間が自由に使えるので、生活リズムが…
3時寝がデフォになってるなぁ。

でも、その見返りとして自分の好きな勉強ができている!!



ここ数日は、表現論とGRをつらつらとこなしている。

例の量子論のための表現論は良くも悪くも簡潔に書いてあるなぁという印象。

密林の紹介には、群論の知識を有しない人でも大丈夫みたいなこと書いてあるけど…
そのしわ寄せとして各話題の初めにいくつもの定義がぶち込まれているorz
※正真正銘この本で初めて群論に触れる的な人にはムリだと思った…

内容も簡潔さを求めすぎて、理解できているのかがわからぬ状態になったりw


酷評している?w


ただ、表現論に初めて触れる本としてはいいんじゃないでしょうか。

じっくり読めばそれなりの理解は得られるので、まずはこの本で表現論を知ると。
その目的からすると薄さもgood。

それで、フラストレーションがたまったひとは小林大島なりなんなりを読めばいいと。


小林大島は、正真正銘の数学書だし、なにより分厚い!!
けど、この本を噛ませば、ある程度の知識や概観によって、小林大島の敷居が下がるのではないかという。



そしてGRは、例のごとくGeneral Relativityを。

モチベは、中トポでリーマン幾何をやったのでどこまで通用するかという…


なんだかんだ面白くなって基礎編のとこまで読んでしまったw

最後の方の理解がイマイチ。
やっぱり多脚場のところもあんまりわかってなかった。


また挑戦しようと思うし、応用編もそろそろ…



以前、宣言していた九後ゲージ5章は読んだものの難しくて理解が「ふ~ん」を超えなかったorz

まだまだ、修行が足りぬというか時期尚早なのかなぁ。





来週で落ち着いて勉強できる期間がひとまず終わるのでお勉強を収束させていきたい。

節分ですね。

2014.02.02.Sun.18:34
つ、ついに2月に入ってしまった。

入ってしまったと言っても、良いこと悪いこと両方あるわけで…
まぁ、時が流れゆくままに、といった感じである。



ここ最近はというと、、ついに買いました!!

量子論のための表現論量子論のための表現論
(2014/01/24)
林 正人

商品詳細を見る


内容は、なかなか良い感じかな。
ゼミメンに見せても好印象だったw

個人的には、バカ売れというかロングセラーになるのではないかと思っている。


まぁ、ただ数学書だけあって進度はのろのろ。
気長にしっかりやりたいものである。



それと、ゲージ場の量子論の5章を読んでみている…

目標は、WT恒等式の理解…だけど、Peskinの標識となかなか繋がらないorz

厳密にか数学的にか詳しく書いてあるようだけど、なかなか難しいっすなぁ。



2月前半は、表現論をメインに九後ゲージと、気分によっては中トポ2巻を読んで過ごすつもりである。





ひと段落ついたらGRとかSUSYとかCFT気になるなぁ~()
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。