やってること、やりたいこと、やるべきこと。

2014.03.29.Sat.01:37

ここのところ更新頻度が急上昇している気がするが…
まぁ、節目というのは色々あって話題がつきないのだ。

(というか、いつもが引きこもりすぎなだけ)


今日は、やりたいと思っていること、やっていることを整理しようと思う。
頭の整理ってやっちゃ。

まぁ、4月の頭に各所のガイダンスがあるので、予定が決まるのはそれ以降だけども。


主軸はもちろん、

■Weinberg
場の理論の基礎固めとして何周もしたいし、計算部分はPeskinで補間してもいいかも。

あとは、

■中原トポロジー
どうしたものか…2巻に入ってから、難しくてさっぱりである。
けど、他の本をやるにしても中原でイメージを掴んでおきたい、、がんばるかorz

■GR、CFT、SUSY
QFTに目処がたったら触れていきたいもの。
だけど、本職(研究室の分野等)の勉強や(参加するなら)東大勢のゼミにとって代わられるかもw


あとは、復習だろうか。

数学は、数学徒の視点で学び直したいと思っている。

■代数
たちうさ氏とのSkypeゼミでつらつらやる予定。
初回はぶっ飛ばしたけど、次回から比較的ゆっくりになるので問題も解きたい所存。

■解析(数学)
つらつらつらつら。


物理も、学部の内容は人に教えられるレベルになりたいと思ってる。

とりあえず解析力学から始めてみようかと思ったのだけど、それは中原トポ(微分幾何とか)を一通りやってからにすることにした。

ということで、

■量子力学
サクライをぱらぱらしながら、問題を解いてみようと思う。




最近は、物理と数学を「味わいたい」と思うようになっている。
これも、川合さんの影響だろうかw

でも、それには時間がかかって、色んな角度から切り刻まなきゃいけなくて…云々。



いやはや、世界はおもしろいもので溢れすぎているなぁ、、、なんてw
スポンサーサイト

卒業式。

2014.03.27.Thu.00:23
ついに、ついに、、京都を去り、千葉(東京)へ帰ってきた…


昨日は、4年間の大学生活の〆、卒業式だった。

京大の卒業式と言えば“個性的な”卒業生で有名なわけだが…
今年もあいかわらずw

京都大学の卒業式


僕もどうせならと思い友人と共にコスプレ?で参戦。
和装に狐面で挑みましたw

前々から、せっかく京大生として4年間過ごしたのだから、死んでもスーツなんか着るかっ!!
と思っていたのでちょうどよかった。




学位記をもらったその夜は、物理学徒ですき焼き!!

京都を離れてしまうメンバーも少なからず居て、バラける前に顔を見れて良かった。


東京に戻るメリットもたくさんあるんだけど、京都を去るデメリットもあって、
それの最たるモノの一つが、いまのゼミメンを失ってしまうことorz

と言っても、まぁ、僕が参加させてもらってる状態だったけどw

だからこそ、残念でもあり、、、云々。

みんな自分よりすごい人ばかりの環境に身を置けて、その人らとコミュニケーションを取るたびに、あぁ自分も頑張らねばと思えていたのは、貴重なものだったのだなぁ、、、なんてしみじみしてみたり…



あの時は、Mygw氏が声を掛けてくれたのだけど、、
これからは、そういう環境に自ら飛び込んでいかなくてはなぁ…と思ったり。




何はともあれ、4年間過ごした京都を去るのはさみしいorz

けれども、そうしなければならぬのなら前向きな別れにしていきたいと思う所存。

京都で関わってくれた方々に感謝の意を表明しておきます!!



あじゃじゃした!!!






PS お別れしなければならないなら→そうしなければならないなら→さようなら
  別れの挨拶「さようなら」の起源はこれだと聞いたけど、、、
  これ聞くと日本語って渋いよなぁ~

必修授業。

2014.03.26.Wed.00:06
とりあえず、、、4年間の学部生活を終え、卒業したことを報告しておきます。


ここ数日、京都での最後の用事が経て続いて、書きたいことがあるのだけど…
まぁ、順々に行きますかね。



(個人的にはもう自然消滅したのでは!?と思っていたのだけど…)

無事に、卒業研究の発表会を終えた…


というのも発表1週間前ほど、音沙汰無かったHnd氏より「解析が終わった」との報告が!?


そもそも何をやっていたのかというと…

カシミール効果を測定すること!!
を最終目標として始まった課題研究であった。

カシミール効果とは、、、2つの物体をものすごく近づけるとそこでフォトンがわちゃわちゃして圧力が生じる…
そんなかんじ。


でも、それはかなり微小な力であり、まずは腕試しということで同じ測定方法を用いて重力を測定することになった。

こんな経緯で、素粒子研究室でありながら重力を測ることになったのであるw


“同じ測定方法”とは、ずばりキャベンディッシュの実験である。


じゃ~ん!!!
IMG_0593.jpg


おもりやらフレームやら注文して一から作り上げた装置である…


これを使って実験した結果、、、
図1

本来は、単振動になるはずなんだけど、、うなりのようになった!?
どこから来たノイズだったんだろ…



結局、このデータから重力定数を算出して結果とした。
(ホントは逆二乗則も調べたかったのだけど)


一番の主戦力だったKyn氏は土下座ものだって言ってたけど、僕はまぁまぁできたんじゃないかと思ってるw←
一からの試みだったし、他のチームの発表を聞くと実験できてなかったりしたし…

でも、これに“(卒業)研究”だとか“(卒業)論文”という言葉は使いたくない。




うん。



まぁ、、無事に終わってよかった。
レポートやらねばw


無事、発表が終わった後はみんなで打ち上げに行ったのだけど、、
長くなったのでその話はまた今度…

北風と太陽。

2014.03.22.Sat.14:34
2日前ほどに、無事に解約。
部屋を追いだされたわけである…


つまりは、、ホームレス(゜-゜)!!!

でも、まぁ生きております。


家を追い出されて早々、みーる氏と杏仁豆腐氏と伏見稲荷へ。
小雨の中、一の峰まで行ったわけだけど、、足がががががg←おっさん



はい。



本日は、帰るまでに必ずもう一度行こうと決めていた紫蔵へ。
京都で一番好きなラーメンである。

その帰りに、ぷらぷらしていたら、、北の天満宮にたどり着き、、












花を見てきた…

もしかしたら、花の香りに誘われて…なんて言ってみたりwwwファーッ


ここは、菅原道真を祭ってあるところ、、
たしか学問の神様。

おぉ、これからもどうぞよろしく!!!




まったくもって、内容の無い記事になってしまった…

まぁ、たまにはそういうのもあっていいと思うんだ、、うん。



自転車が無いので移動には時間がかかるし、なにより家が無いわけで…

あまりお勉強に適した環境では無い。




ということで、最近の進捗は、代数をちろちろと進めているのみである。

のらりくらり。

2014.03.17.Mon.01:10

どうも。


ついに荷物の搬出が終わった…
IMG_2401.jpg

なんだかんだ4年間暮らした部屋も人気が無くなって…
部屋に限らず、毎日の行為がもしかしたら京都での最後の○○かも、、、なんて思ってみたり。


ただ、僕の計画によると、、もう少しばかり京都に居なくてはならないはずだったのだけど…
なぜかモチベーションの無いまま、何もない部屋で暮らしているorz


どうも、やりたくないことを無理してやれない身体になってしまったorz

(おそらく)多数派は、学生時代にやりたくもない勉強を通じてそれに慣れてきたんだろうけど…
僕や僕の周りには、好きなこと、すなわち勉強をやりたいだけやってきた人が多い気がするんだ。


いや、だから、なんだという事はないんだけど、、

そんな興味の無いことに時間を割いてる暇は無くて、世の中面白いことだらけだからそれを知るのに忙しいんだ…
なんて、自分を正当化しようと必死なわけで。


まぁ、たとえやるにしても積極的には身体が動かないので、なるようになる戦法で…




何の話やねん…



何が言いたかったのかというと、しばらく何もない部屋で暮らし、さらにさらに、もうしばらくはホームレスに(ry…



結局、持ち合わせているのは中トポ2巻と雪江さんの代数。
それと、図書館で見るなり、落ちてた自炊PDFを見るなりしてワインバーグをやりつつ過ごすつもりである。




なお、現在は寝袋に入って床で寝ている…

†黒の書~蒼の分冊~†

2014.03.12.Wed.02:46

引越しまであとわずか…
活動時間における雑務の割合がだんだん増えてきた…

前にも話したかもしれないけど、
こういうときは新しいことを始められず手持無沙汰になって非常にストレスが溜まる。


お勉強のほうはというと、、、

ひとまずWeinbergのThe Quantum Theory of Fieldsの第一巻を読み終えた。


※話がそれるけど「読んだ」というだけで全て理解したと捉える(捉えられる)風潮はよろしくないと思う。

一通り読んでみての印象は、非常に流れがきれいだなぁと思った。
でも、やっぱり難しかったかな。

詳しい評価みたいなものは2巻読んでからにします、はい。

An Introduction To Quantum Field Theoryと相補的だと思った。
この2冊をごちゃまぜにした地図を考えてみたいと思うんだけど、まぁこれもWeinbergの2巻が終わったらね。


適度に復習をしながら、2巻に突入したいと思う。

それで、何周も何周もしながら理解を深めていくのが目標である…



今、手を付けているのは、Weinbergと中トポと代数。

代数はゆる~りとやっていくと思われるので、、やりたいと思ったらやる戦法。


しばらく、最小限の荷物で生活しなければならないので、中トポだけ所持しようかと考えている。
絶版になっちゃったし、図書館で借りられてそうだし。


あと、ふと思ったけど、前にぴよまる氏から教えてもらったCFTやらSUSYやらのレビュー的なのに目を通してもいいかと思っている。

また春からどれをどの順序でお勉強するかの参考にもなりそうだし。



ホントはもう少し詳しくWeinbergの感想を書きたかったのだけど、、、ねもい。


明日からは本格的なパッキング作業に入る。
しばらくお勉強できないかもなぁorz

節目、、の前のお話。

2014.03.07.Fri.01:42

どうも。

毎日少しずつ引越しの準備を進めつつ、つらつら勉強を進めております…


Weinbergは、ついに12章に突入!!

(一般的な)繰り込みのお話である…なるほど、わからん。
明日また読み直してみようと思う。




さて、少し先の予定を考えてみる。

まぁ考えたところで、それは4月からのもろもろで大きく変更を受けるだろうけども。


ひとまず現在、手を付けているのは、、

□WeinbergのQFT
□中トポの2巻
□代数←New

とくに理由も無いのだけどふと代数をやりたくなったのである。
(ゆるーく、でも、かなり深くやっていきたいと思ってる。)


Weinbergは読み続ける予定である。
おそらく大学院でやる内容の根幹をなすであろうしⅡ巻が終わってもコンスタントに復習なりしていきたい。


復習側のお勉強としては、、2つ?

■数学徒として学部の数学をやり直してみる
■学部レベルの物理を人に教えられる理解度まで引き上げる

少し早いかもしれないけど大学院2年間のゆる~い目標としてここに揚げておこうw



先進的お勉強としては、、

■Waldの発展編
■CFT
■SUSY

とかかなぁ、、いつ始められるかわからないけど。
4月からはお仕事としての物理、研究に向けたお勉強もしていかなくちゃならないだろうし。


やっぱり節目の前ってのはどうもやりづらい…
けれど、その節目から良いスタートダッシュをするにはいろいろ考えておかねばならんと思うのです。




お~、めっちゃ良い感じにまとまったw

引き籠りまん。

2014.03.03.Mon.16:30

あれから1週間が経過したようである…

更新しようにも、ガチで書くことが無かったというorz

実家より京都に帰ってきて、とくにやることも無く引きこもる毎日。
ようやく昨日、6日ぶりに人と会話をした。



昨日は、ひゃまちゃんとちゃきとカラオケに行ってきたのである。



お勉強のほうも、なにか真新しいことがあったわけでもなく…
ひたすらWeinbergを進める毎日。


昔誰だったか(おそらくimaro君だと思うけど)Weinbergを読んでも計算できるようにはならない、と。

まさしくその通りであった。


5章までは非常に丁寧な印象だった、、
けど、6章から雲行きが怪しくなっていったぞw

6章はファインマンルールの導出だけども、初学者にWeinbergの説明では難しい気がした。
説明文も長いし…正直わからん、という。

7章は正準量子化の方法だけども、今まで非常にStepByStepだったぶんいきなりぶち込まれてエラーを吐いてしまったw

8章は初歩的なQEDと言えばいいんだろうか?
この辺もPeskinの実際に計算してみる戦法と相補的だなぁ、なんて。

9章は経路積分。


まー、こんな感じだった。

実際に計算する段になったらPeskinはいい本なのかもしれないw



いやぁ、個人的感想なので悪しからずw


本番はこっからとか感じてる。

いよいよ、10章から(僕はこう読んでるんだけど)QFTの定性的な部分のお話が始まる!!
Weinbergはこっちが強そうなので期待している。

もともとその部分のPeskinの説明に困り果てて読み始めたので…



さすがに飽きてきたので中トポ2巻もちょいちょい挟んでいこうかと思っている所存。





さてさて、引越し関係の用事でどんどん忙しくなってきそうだけど、、

果たしてどうなる3月!?