スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オシロイバナの遺伝

2013.08.01.Thu.16:33
オシロイバナ

朝の散歩で見つけたオシロイバナ。

見事にピンクと白で色分けされている!?


高校(中学?)で習ったよね、メンデルの法則。

これはどういうことですかね?

『ご冗談でしょ、メンデル先生!!』ということで調べてみると…


そもそもオシロイバナでは、濃いピンクは白に対して完全に優性でないらしい。

不完全優性というらしく、親が濃いピンク×白だと、

子;全て薄いピンク
孫;濃いピンク:薄いピンク:白=1:2:1

つまり、ヘテロ型の遺伝子は薄いピンクになるらしい。


さらにさらに、オシロイバナには突然変異を誘発するような遺伝子があるらしい。

この遺伝子によって同じ株でも、染め分けや斑のある花がさくみたい。



おー、おもしろい!!

このへんのマクロ?な生物学っていうのは実感できるからいいですな!!
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。