スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

物性物理学

2013.08.07.Wed.23:40
ここ最近は、物性のお勉強をしていたりする。

基礎の固体物理学をつらつら呼んでいる。

少しは、基礎物理がわかっているのか2年前?とは理解度が全然違うw

というか今、読むと量子力学でも摂動論や多体系を使っていたりするわけで。

完全に理解するにはそういうものをやってからじゃないとダメじゃないか?
(※摂動論とかずいぶん後にやった人のコメント)


それに加えて物性と他の理論の違いのようなものにも気付いた。
(知っている人なら、KUでの第一教室と第二教室の違い的な?)

物性は、ある『モデル』でそれがある程度現象を記述していればいいっ!!
って感じがある。

それは、完全な現象を記述する必要は無い。
注目する性質を「抽出」していれさえば良い。

こんなことを田崎さんが統計力学の中で言っていた気がするな。



あたりまえか?w

でも、これが実感できたから、これから先、現象論を勉強してみたいという気も起きた。


今日も、過去問(院試勉強)は進まない…orz
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。