スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

院試反省会 †解析力学&電磁気学編†

2013.09.22.Sun.12:01
さて、続いて教科別に見ていこうと思う。

■解析力学

解析力学とは言え、Lagrangianを求めてからは高校物理のような問題が多かった。

つまり(出ないと保証はできないが)ハミルトン形式とかハミルトンヤコビとか理論的なことは出ない。


自分が主に使用した本。

解析力学1 (朝倉物理学大系)解析力学1 (朝倉物理学大系)
(1998/09/01)
山本 義隆、中村 孔一 他

商品詳細を見る

と、その第二巻;解析力学2 (朝倉物理学大系)

この本は、教科書の読みなおしの際に使用したもの。
これを読んで解析力学の面白さを知った…良い本!!


●反省

いわゆるKinematicsが解けない…orz

高校物理じゃないんだから…と言いたくなるが、前述した本はMechanicsの本だ。

ややこしい条件の処理の仕方や問題の解き方、現象等を勉強していなかったのは痛手だったorz
そしてLagrangianを求めてからはだいたいそんな問題に帰着される…


これは、勝手な予想ではあるが、

古典力学〈上〉 (物理学叢書)古典力学〈上〉 (物理学叢書)
(2006/07)
ゴールドスタイン、サーフコ 他

商品詳細を見る

と、その第二巻;古典力学 下 (物理学叢書 105)

でもやれば良いのだろうか…
※とくに問題。



■電磁気学
※エレクトロニクス除く。

主に、静○場系、電磁波系、散乱系の問題に分かれる…かな?←


自分が使用した本は、

電磁気学の基礎 I電磁気学の基礎 I
(2007/10/19)
太田 浩一

商品詳細を見る

と、その第二巻;電磁気学の基礎 II

だが、正直、本の選択をミスった気もする…。

これも教科書の読みなおしの際に使った本。


しかし、もし読んだことが無いのならば

理論電磁気学理論電磁気学
(1999/09)
砂川 重信

商品詳細を見る

を暗記するまで読むことを強く勧める。

※まだ半分ほどしか精読していないが頻出問題は全てカバーしている気がする。


砂川本を読了して、なお余裕があれば太田本、という順序でやるべきだった←反省


電磁気学の教科書としてClassical Electrodynamics(またはその邦訳)も有名だが、こちらは知らない。
※これの問題をやるのも良いと聞いたことがある。


付け足しだが、簡単なベクトル解析の公式や電磁気独特?の式変形は覚えておくべき。


最後に…
エレクトロニクスについては書かないが…

『同軸ケーブルだけはやっておけ!!!』


後半へつづく…
スポンサーサイト
コメント
電磁気の演習とかオススメあります?理論電磁気の例題はやってるんですがそれだけじゃだめですよね?
>せんたーばれーさん
そうですねー。もう少し問題を解く必要はあると思うのですが、なにぶん教科書等で演習を積まなかったのを後悔している身なので…
演習書と言えば詳解や大学演習もありますが少しズレている気がします。教科書を使った方がいいとは思うのですが他の人にも聞いてみてくださいm(\.\)m

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。