久しぶり。

2015.01.24.Sat.15:53

久々の更新。


ひとまず気になるところは目を通し終わった。

Quark-Gluon Plasma: From Big Bang to Little Bang (Cambridge Monographs on Particle Physics, Nuclear Physics and Cosmology)Quark-Gluon Plasma: From Big Bang to Little Bang (Cambridge Monographs on Particle Physics, Nuclear Physics and Cosmology)
(2008/10/30)
Kohsuke Yagi、Tetsuo Hatsuda 他

商品詳細を見る


クォークグルーオンプラズマ(QCD)を中心にQCDの現象論について書かれた本である。

現象論の本なので、QCDの基礎はもちろんのこと、各パートもいささか概論である。
(たぶん、ガチガチの理論系の人が読むと燃やしたくなる感じ)

とはいえ、セミナーや研究会の話を聞くための基礎知識が欲しかった自分にはちょうど良かった気がする。
そこまで古い本ではないので、読めば昨今のQGPまわりの話がわかるだろう。

詳しく知りたければ論文へ、という感じ。


なお、宇宙論の部分ともろ実験の部分は読んでない。



さて、研究のほうは進まずorz

今はちょうど分岐点に立っていて、次はどっちに進もう?という状況である。
コンパスには、

「自分が切り込める余地がある」

「物理的モチベーションがある」

という二つの針があって、いやはや、兼ね合いが難しい…


学部生では味わえない、前に進む道が見えない不安というのを感じる今日この頃である。
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する