スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

統計学の基礎。

2015.06.28.Sun.17:11

もう6月が終わってしまう。
もう夏だなぁ…なんて。

ここ最近は、けっこうワガママに勉強している。

たとえば統計学の教科書を一冊読んでみた。
教科書はこれ→統計学入門

この本は学部の般教みたいな雰囲気で、理系に加えて文系も対象にしているみたい。
まぁ、だから気軽に統計学の外観を知る事ができたのは良かったけど、ちょっと読み応えが無くて物足りなかったかなぁ。

たとえば、二次元データ$(x_{i},y_{i})$があった場合、$x$と$y$に相関があるかを判断する係数として、
\begin{eqnarray*}
r_{xy}=\frac{\Sigma (x_{i} - \bar{x})(y_{i} - \bar{y})/n}{\sqrt{\Sigma (x_{i} - \bar{x})^{2}/n} \sqrt{\Sigma (y_{i} - \bar{y})^{2}/n}}
\end{eqnarray*}
で定義する相関係数というのが登場するのだけど…
うん、なんかの内積っぽい…とか思ったりしたけど、教科書にはとくに書いて無かった。


統計学は、前々から少しばかり興味があって、いつか勉強しようと思っていたことのひとつ。
膨大な数字から意味を見出すのってちょっと面白いと思う。

実際、これまた経済にも前々からちょっと興味があって、経済物理学を読んでみようかとパラパラ見たけど、いまいち何をしたいのかがよくわからなかった…


んー、今は統計学の基礎を学んだ次のステップとして、ベイズ統計でも齧ってみようかと考えている…
スポンサーサイト
コメント
No title
実を言うと、今は相関~正規分布までは高等学校の数Ⅰ,Ⅱでやるんだよなあ。
No title
相関係数は
<(X-<X>)(Y-<Y>)> / \sqrt{<(X-<X>)^2><(Y-<Y>)^2>}
と書き直せますね
No title
さらに書き直すと
分母 = <XY>-<X><Y>
分子 = \sqrt{ (X^2-<X>^2)(Y^2-<Y>^2) }
となるので、
相関係数は相関関数をデータの散らばり具合で規格化しただと思います。
>@ikkunjyanaikaさん
そうなんですね。
>れのあさん
なるほど。
そういうところまで書いてくれると理系にはもっとわかりやすいですね。

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。