興味の散乱問題

2012.11.30.Fri.13:13

どうもです。

ここ最近は、午前中があっという間に終わって 汗
うん、あれだ、相対論的効果が(ry…


学祭明けからは、すこし授業に追いつこうと、

一般相対性理論 (ちくま学芸文庫)基礎の固体物理学

を読んでいます。



ディラックの相対論は、本当に必要な知識だけをかき集めてきた感じのもの。

必要な数学的知識が断片的に集められてて何かアレなんですけど…


まぁ、ゆったら相対論なんてほぼ数学みたいなもん(ry…

誰かに怒られるな、これw



量子物性の方は、なんか漸近波みたいな著者のやつ…

これも怒られるw


途中までは既知内容の復習だったから飛ばしてたけど、
エネルギーバンドの話のあたりからよくわからなくなってきた。

高校の頃有機化学が嫌いだった理由もこれと同じなんだけど、
なんか、あまくだりが多い気がする? 物性とか…


たぶん、勉強の方法が

具体例 → 法則

だからなんだろうか…



それに比べ素粒子とかは、

理論 → 応用

といったイメージ?



んー、どっちもどっちだけどなw


最近は、物性にも興味がわいている毎日でした。

※だって、素粒子わからないんだもん。
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する