スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

粒子と反粒子と反省

2013.04.23.Tue.00:52

どうも。


いやぁ~、終わりましたよ発表!!
ゼミの発表っすよ、発表!!

P1ペスキンゼミ。


ドギマギしながらゼミ開始。

最初のπの時間微分を導出する過程の計算がわからない、と問題提起。

なんか川合さんに積分核やら2次形式でボコられる…
わからないやら人前やらでてんぱる…
なんとか、計算を終える。

この辺でようやくゼミの形式的なものを掴む。

複素KG場の解釈について質問するも、あまり伝わらなかった様子。
(あとでMygw君が教えてくれたけど)

教室移動後、計算について教えていただく。

ほぼHttr君が前で計算してくれる。
ワタシ、ウシロタッテタ…


ということで、なんとかライフがゼロよ状態になるのは阻止できた!!


その後残り1コマ分くらいはHnd君が3章発表した。

議題は、たしか『noncompact ⇔ 忠実な有限次元ユニタリー表現はない』だったかな?


そこから表現論講座みたいのが始まったw

ローレンツ群と回転群を例にいろいろ議論を展開して(聞き手だったので)非常におもしろかった←




感想。


今までの『読んで理解する力』から『使いこなせる力』までレベルアップする必要があると思う。
物理屋なんだから何か関数があってもinputからoutputを導かねばならないわけであって…

あとは、最低限の知識;定義や公式なんかを覚えないとと痛感したゼミでしたorz
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。