スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

問題を解くことについて

2013.05.26.Sun.12:29

どうも。


昨日は買い物ついでにカフェとやらに行ってみた。
マスターがルパン三世だったぞ←

今回は一席開けるように座れなかったから断念したけど、次回はカウンターに座ってみたい。



さて、今日は起きて院試を題問一つ解いてみた。

先入観念かもしれないけど、院試でも京大と東大の大学入試のノリは引き継いでいるように感じる。


東大は、やるべきことをサクサクやっていく感じ?
まぁ東大の大学入試は解いたことないけど←

京大は、じっくりゆっくり流れに身を任せてw



院試勉強を始めて思ったけど、問題を解くことは重要だと思う…

、んだが、院試レベルの問題集はなかなか少ないorz

院試レベルというのは難易度とは関係なく、その問題が問題として閉じているか。
適当な誘導等はついているかどうか、そういうこと。


教科書の端についているやつはどうも解きにくい。



やっぱり、ああいうのはゼミとか授業とかで扱うのに適していると思う。

独学では辛いものがあるな、、



何の話だよ!?
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。