それで飯が食えるか?

2013.06.24.Mon.00:14

週末は、京大のオープンラボ祭(ローレンツ祭)と院試説明会だった。

オープンラボは、原子核の人らと長々と話して結構影響を受けたかもしれないw
素粒子をやるにあたって、みたいのとか…


思うんだが、パワポ的な発表では研究内容よりも、研究室自体のことについてもっと説明すべきだと思う。
研究内容は知ってるorその場で聞いてもわからない、のどちらかな気がする。

まぁ、それこそ個別に研究室訪問して雰囲気を知れということか…



それよりも、ローレンツ祭の夜の懇親会は楽しかったw

ただ飯を食らうことができたし、また新しい他大の物理学ととも面識が出来た!!
東北の有名ツイッタラ―某氏とか…



そんなこんなで、行こうと思っていた院試関連のイベントがようやくひと段落したorz

これからは願書の準備をしなければならないのだけど…




正直、迷っている。


んー、素粒子に行ってやっていけるのだろうか?
(行けるかどうかすらわかっていない状態だけれども)

物理なんてシビアな世界だと思うけど、素粒子というだけでさらにシビアになるんだよな…


ただ、そこで例えば原子核に行ってみて細々と素粒子を独学してみたとする…

後悔はしないだろうか?



これまで(課題研究を選ぶ時とか)、これをやらなくて後悔しないか?を一つの基準としてきた気がする。


んー、はてさてどうしたものか、、、
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する