院試反省会 †解析力学&電磁気学編†

2013.09.22.Sun.12:01
さて、続いて教科別に見ていこうと思う。

■解析力学

解析力学とは言え、Lagrangianを求めてからは高校物理のような問題が多かった。

つまり(出ないと保証はできないが)ハミルトン形式とかハミルトンヤコビとか理論的なことは出ない。


自分が主に使用した本。

解析力学1 (朝倉物理学大系)解析力学1 (朝倉物理学大系)
(1998/09/01)
山本 義隆、中村 孔一 他

商品詳細を見る

と、その第二巻;解析力学2 (朝倉物理学大系)

この本は、教科書の読みなおしの際に使用したもの。
これを読んで解析力学の面白さを知った…良い本!!


●反省

いわゆるKinematicsが解けない…orz

高校物理じゃないんだから…と言いたくなるが、前述した本はMechanicsの本だ。

ややこしい条件の処理の仕方や問題の解き方、現象等を勉強していなかったのは痛手だったorz
そしてLagrangianを求めてからはだいたいそんな問題に帰着される…


これは、勝手な予想ではあるが、

古典力学〈上〉 (物理学叢書)古典力学〈上〉 (物理学叢書)
(2006/07)
ゴールドスタイン、サーフコ 他

商品詳細を見る

と、その第二巻;古典力学 下 (物理学叢書 105)

でもやれば良いのだろうか…
※とくに問題。



■電磁気学
※エレクトロニクス除く。

主に、静○場系、電磁波系、散乱系の問題に分かれる…かな?←


自分が使用した本は、

電磁気学の基礎 I電磁気学の基礎 I
(2007/10/19)
太田 浩一

商品詳細を見る

と、その第二巻;電磁気学の基礎 II

だが、正直、本の選択をミスった気もする…。

これも教科書の読みなおしの際に使った本。


しかし、もし読んだことが無いのならば

理論電磁気学理論電磁気学
(1999/09)
砂川 重信

商品詳細を見る

を暗記するまで読むことを強く勧める。

※まだ半分ほどしか精読していないが頻出問題は全てカバーしている気がする。


砂川本を読了して、なお余裕があれば太田本、という順序でやるべきだった←反省


電磁気学の教科書としてClassical Electrodynamics(またはその邦訳)も有名だが、こちらは知らない。
※これの問題をやるのも良いと聞いたことがある。


付け足しだが、簡単なベクトル解析の公式や電磁気独特?の式変形は覚えておくべき。


最後に…
エレクトロニクスについては書かないが…

『同軸ケーブルだけはやっておけ!!!』


後半へつづく…

院試反省会 †全体編†

2013.09.18.Wed.23:52
さて、ずっと書きたかった記事を書いてみようと思う。

体験記みたいなものw

院試は、情報が少ない…
誰かがこれを読んで“参考”にしてくれたら嬉しい。

※あくまで“参考”程度にすべき。
※この過程を経てこの結果であることにも注意すべきである←


■志望先・結果

まずはこれを晒さないと始まらないだろう…

【東京大学(本郷/柏)】
素粒子理論 筆記○ 面接×
原子核理論 筆記○ 面接○

【京都大学】
素粒子理論 筆記×
原子核理論 筆記×
第三志望以下 筆記×

厳しい戦いだった…orz


●志望先について一つ。

一つくらい実験系を書いておくことを勧める。

※とくに京大単願勢。
※志望先に強いこだわりがある人は別だが…

志望先を理論で固めてしまうと、ほぼ第一志望先のみでの戦いとなる(気がする)。
そして、それに敗れると自分のように爆死するわけである…

※なお実験系を志望していたからといって拾ってくれるかは不明。


たしかに、やりたい分野や行きたい研究室を志望するというのはある。
が、現実問題としてNEET回避、プレッシャー回避としての“勧め”である。

※なお自分の学力に自身があればこんな“保険”はいらない。
※ひぃひぃ言いながら生きている物理学徒への勧めである…



■試験対策

自分は大学生活前半を遊び呆けていたために「ヤバい」という自覚はあったww

そのため1年前から院試を意識して勉強を始めた気がする(3回後期)。


※各教科については後々、別の記事に詳しく反省しようと思う。


●院試1年前;

とりあえず教科書を読みなおすところから始めた。
(線型、微積、解析力学、電磁気、量子力学、統計力学、etc)

これまでにしっかり勉強している人にとっては要らない過程だと思う。

●院試半年前;

4月頃、友人から誘われて「院試答え合わせ会」を始めた。

・ゼミでなくホントに答え合わせ会だった
・週一で、京大は1年分3週、東大は1年分2週ほどのペース

過去問を解き、抜けている知識を埋めるという作業をした。





これを受けての反省。

『思った以上に「これ過去問で見たことある!!」現象が無かった!!』

※すなわちs研ゼミ現象が無い!?


●過去問は傾向を掴む程度にこなせばいい?

例外的に頻出問題(別記事後述)はあるにしろ、過去問で勉強すると“漏れ”が多い気がする。

※全ての過去問を解くほどやれば話はべつかも。


したがって、反省として、
過去問に重点を置くよりは教科書の問題等で知識を網羅したほうが良い…気がする←

例えば教科書の章末問題や演習書とか…


少なくとも過去問を解くメリットは傾向や雰囲気を掴む程度にしか感じられなかった。

※実際に受けてみての個人的な感想。




とりあえず全体的な反省はこんな感じだろうか。

また、何か付け足すかもしれない。
とりあえず公開してみる。

そのうち教科ごとのも…




最後に、あくまで個人的な感想です!!!お忘れなく!!!